学生 カードローン

学生でも借りれる銀行カードローンとは?

カードローンを選ぶにあたって、銀行カードローンを選びたいという学生も多いと思います。

 

銀行のローンということで、敷居が高く感じられてしまう人もいますが、金利も低く安心感が高い魅力があります。

 

しかし、すべての銀行カードローンが学生の利用を認めているわけではありませんので、しっかりとサービスを選ぶ必要があります。

 

ここでは、学生の銀行カードローンの選び方について説明したいと思います。

 

 

■学生がバンクイックに申し込むなら

 

学生がバンクイックに申し込むなら、融資限度額が「10万円」に制限されている点に注意してください。

 

バンクイックは、本人に年収がない専業主婦や学生の利用も認めていますが、融資限度額については、一定の制限を設けています。

 

専業主婦の場合は30万円ですが、学生の場合は10万円と少なめに設定されています。

 

バンクイックは審査の結果が分かるまでの時間も短く、即日融資もしやすい点に魅力がありますが、希望する金額が10万円を超えるときは、ただ銀行カードローンを選ぶようにしてください。

 

 

■学生が新生銀行レイクに申し込むなら

 

学生にも人気の高いカードローンに、新生銀行のレイクがあります。

 

新生銀行レイクには、「30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」の2つの無利息期間が用意されています。

 

また、バンクイックのように、学生だからといって「10万円まで」という制限もありませんので、新生銀行レイクで高額融資を目指すこともできます。

 

 

■100万円を超える希望なら収入証明書を用意

 

新生銀行レイクなどの銀行カードローンに申し込む場合、100万円を超える希望額のときに、収入証明書が必要になることが多くなります。

 

収入証明書は、アルバイト先の会社から発行された「源泉徴収票」、あるいは、市役所などで発行される「所得証明書」などのことをいいます。

 

高額融資を目指すときは、収入証明書などの用意も早めにしておく必要があります。